【EOS Webcam Utility Beta】超簡単ソフトだけ❗️MacとEOSデジカメをWebカメラで使う方法❗️Zoomでも綺麗な画像でオンライン対応❗️

(2020.6.29更新)
世の中急に、オンライン化が進みましたね。

あなたもオンラインでセッションや打ち合わせ、
そして商談などの機会なども
増えたのではないでしょうか?

そして、そんな状況を鑑みて?
Canon USから、EOSのデジカメを
Webカメラとして使うためのソフト、
「EOS Webcam Utility Beta」
発表されました!
(※ 2020.6.5現在、β版、つまり『仮バージョン』です)

この記事では、MacでEOSをWebカメラとして
使うための、このソフトのインストールや
Zoom(やSkypeなど)での使い方を解説しています。

★参考動画

念のため、Macでのこのソフトの
ダウンロードインストール、そして
Zoom 使用時のカメラの切り替え方法などを
動画でも説明しています。

また、各使用機材ごとに撮影した
画質の違いも確認できます。

こちらもぜひご確認ください!

動画構成

0:11 オープニング
0:36 解説
1:18 EOS Webcam Utility Beta、 macOSでの注意点
2:04 ダウンロード、インストール方法
3:04 EOS Kissの場合
3:16 EOS 7Dの例、その他表記のないモデルの場合
3:53 ダウンロード実践(2倍速)
4:39 英語 PDF版説明 
4:53 iMac(2019)内蔵 FaceTime HDカメラ
5:22 Canon EOS R / EF24-105mm F4 IS
5:47  iMac(2019)内蔵 FaceTime HDカメラ(2)
6:14 Canon EOS R / EF24-105mm F4 IS(2)
7:21 リスク対策方法
7:57 注意点1:熱対策
8:18 注意点2:電池の消費
8:37 Canon EOS R / EF70-200mm F2.8L IS
9:35 Canon EOS 7D / EF-S10-22mm F3.5-4.510:03 まとめ

★撮影使用機材

iMac(2019)
 内蔵 FaceTime HDカメラ
★ボディ:
 EOS R
 EOS 7D
★レンズ:
 RF24-105mm F4 L IS
 EF70-200mm F2.8L IS
 EF-S10-22mm F3.5-4.5

★使い方手順(例:Zoom)

【★1:ソフトのダウンロード】

以下、Canon USサイトへアクセス
EOS Webcam Utility Beta

1. 該当のカメラ名をクリック
2. 「Drivers & Downloads」タブを選択
3. 「Software」タブを選択
4. もし自動でOSが選択されていなかったら、
 以下OS リストから該当するOSを選択
  10.15 (Catalina)  10.14 (Mojave)  10.13 (High Sierra)
5.「EOS Webcam Utility Beta」を見つけ
「SELECT」ボタンをクリック
6.「download」ボタンをクリックし、ダウンロードする

【★2:インストール方法(略)】

1. ダウンロードしたファイル、
 「EOSWebcamUtilityBeta-MAC.9.0.pkg」を開く
2. 指示に従い、インストール
3. 再起動

【★3. Macとの接続、Zoomでの使用】

1. USBケーブルで、Macとカメラを接続
2. カメラの電源を入れる
3. Chromeを起動、Zoomにログイン
4. 試しに会議を起動、Zoomアプリで開くのをキャンセルし、Webで参加
5.画面下の「カメラアイコン」から「EOS Webcam Utility」を選択
6.切り替わるまで、しばらく(数秒〜数十秒)
7.無事に表示されれば完了!

★対応カメラ

※Canon USサイト 記載情報
★EOS DSLR Cameras(デジタル一眼レフ)
EOS-1D X Mark II
EOS-1D X Mark III
EOS 5D Mark IV
EOS 5DS
EOS 5DS R
EOS 6D Mark II
EOS 7D Mark II
EOS 77D
EOS 80D
EOS 90D

(※以下 Kissシリーズ相当、のはず)
EOS Rebel SL2
EOS Rebel SL3
EOS Rebel T6
EOS Rebel T6i 
EOS Rebel T7
EOS Rebel T7i
EOS Rebel T100

★EOS Mirrorless Cameras(ミラーレスカメラ)
EOS M6 Mark II 
EOS M50
EOS M200
EOS R
EOS RP 

PowerShot Cameras
PowerShot G5X Mark II
PowerShot G7X Mark III
PowerShot SX70 HS
※記載ありませんが、EOS 7D(初期型)でも動きました!

★注意点

マイク

カメラ内蔵のマイクは使えません。別途ご用意ください。

macOS バージョンによる制限

※macOS 10.14(Mojave) 、10.15(Catalina)では、
これらのソフトは使えません。
   • Safari
   • FaceTime

また以下は、単体アプリではなく、
Google Chrome」にて使用してください 
• Skype
   • Zoom
   • WebEx 

バッテリー

※長時間の使用では、予備バッテリーを準備する、
ACアダブターを使うなどしてください。
(録画時は、ACアダプター AC-E6N、DCカプラー DR-E6 を使用)

実際の使用時

以下、Canon USサイトの情報から訳しました。
参考にしてみてください。

  • EOS Utilityを使われてる方は、EOS Webcam Utility Beta使用時は「EOS Utility」は終了してください(自動で立ち上がっている場合があります)
  • カメラは「動画撮影モード」に設定してください
    静止画撮影モードだと、黒い枠が表示される場合があります
  • 途中でカメラの設定を切り替えたりすると、接続に時間がかかります
  • EOS Webcam Utility Betaが、画像データを受け渡しできるのは、同時に1つのソフトのみ、となります。(複数の同時使用は不可)
  • 途中でUSBケーブルが抜けてしまい、画像がうまく出てこなくなったら、Zoomなどの使用ソフトを一旦終了、再度立ち上げてみてください
  • EOS M50を利用の場合、液晶パネルを自分側に向けておくことで、より最適化した状態になります

相手への配慮

  • ※画面を見て相手と話すと、(置き場所にもよりますが)視線が「カメラ目線」から外れがちです (笑)
    「カメラ目線」の意識を持ちつつ、適度に画面で相手の表情も確認しましょう

【追記】
その後、2時間 × 2回、この方法でのZoomセッションでも、安定して使えました!(5月昼夜、室温推定 25度程度?)

★Eos webcam utility beta で映らない時は?

Zoom、Skypeで映らない

MacのOSのバージョン次第(10.14、10.15)では、各SkypeやZoomなどのアプリからでは、直接使えません

上記の通り、Google Chromeを使って、ブラウザ経由で利用してみてください。

他のソフトと同時に使おうとしている

EOS Utilityなどは終了し、再度Chromeなど、再起動して試してみてください。

USBケーブルを抜いたら映らない

この場合も、ChromeなどのWebカメラとして使用したいアプリを一度閉じ、再度そのアプリを立ち上げてみてください。

★その他情報

★フォーラムCanon Forum(US) 
https://community.usa.canon.com/t5/Software/Now-Available-for-Mac-EOS-Webcam-Utility-Beta-Software-Share/m-p/307778#

★ドキュメント(英語)EOS Webcam Utility Beta Software 
https://shop.usa.canon.com/estore/marketing/ebook/Canon-WebCam-Utility-Instructions-Mac-LR.pdf

まとめ

β版、そしてChromeでの使用とはいえ、
内蔵カメラとの画質の差は圧倒的です!
(動画参照)

また、実際にビジネスでのコンサル中に
お客様に感想を伺いましたが、

「画像が綺麗で後ろもボケてて、
こだわってる感じ、プロっぽい印象。

また視線が外れてるのも、
むしろ緊張しないでリラックスできた。

たまに『カメラ目線』にしてもらったので、
それで十分でした」

(M様、神奈川)

とのご感想もいただきました。

初回や、商談やセールスの時など、
うまく使えると印象アップにつながるかもしれませんね。

そしてもし、あなたが
直接セールスなどをする機会があるなら、

「成約率 ほぼ100%」の、
私の秘密をまとめた電子書籍、
今だけ無料で手に入れることに
興味はありますか?


ぜひこの機能、有効に活用して
あなたのビジネスに、つなげてみてくださいね!