LINE公式アカウント新機能❗️カードタイプメッセージ:画像を一度に9枚カルーセル形式で送る方法

最新機能【カードタイプメッセージ】発表!

LINE公式アカウント、
ビジネスでご利用の方も多いと思います。

※「LINE@」は、2019年、
「LINE公式アカウント」に統合へ、とアナウンスされました。
  参考:LINE@から LINE公式アカウントへ


そのLINE公式アカウントに、
2019.10.16、最新機能
カードタイプメッセージ
追加されました❗️

カードタイプメッセージ:動画で説明

文字読むのが苦手な方、こちらの動画がオススメです!

カードタイプメッセージとは?

通常のメッセージに追加して
カルーセル形式で複数枚のカードを
配信できるメッセージフォーマット。

カードは事前に作成しておく必要があります。

カードタイプメッセージの特徴は?

  • カルーセル形式で、画像をスワイプ可能
  • 最大9枚送信可能

カルーセル形式って?

この動画のように、画像を横にスワイプして切り替えられる機能です。
(※こちらはカードタイプメッセージではなく、Webサイトでの例です)

カルーセル参考例

ちなみに↑こちら、先日作成したお客様のサイト、
岐阜県のヘアサロン、BASARA様のものです。
★参考:ヘナ/ハーブ ヘアサロン BASARA(岐阜 鹿島)

どんな種類があるの?

4つのカードタイプ

4種類のカードタイプを元に情報を入力。
目的に合ったものを選ぶことが可能です。

LINE公式アカウント:4つのカードタイプ
LINE公式アカウントWeb管理画面より

・プロダクト

  製品の紹介に適したタイプ

・ロケーション

  店舗や物件の紹介に適したタイプ

・パーソン

  人物の紹介に適したタイプ

・イメージ

  画像の訴求に適したタイプ

何が凄いの?

1つの吹き出しで最大9枚のカードを設定可能
 →情報をどーんと送れる

特に写真付きの情報で訴求できるので、
お料理や商品などでイメージ訴求に有効です。

何ができるの?

写真付きのカードを最大9枚送れるので、
店舗などのプチカタログなどにも応用可能では?

画像サイズは?

画像サイズ(ピクセル)については触れられていませんが、
どちらにしても
1.54:1でトリミングされます。(※画像1枚の場合)

参考:デジ一眼の写真は、通常3:2(= 1.5:1)なので、
ほぼそのイメージだと考えてOKでしょう。

Hawaii-W-rainbow
3:2 参考画像:ハワイのダブルレインボー(撮影:Mot)

つまり、「このような横長画像」であれば、とりあえずOKとなります。

なおテストしたところ、
「容量が10MB以下なら、OK」なようで、
以下大小2サイズでも問題ありませんでした。

  • 巨大サイズ(約4,500 × 3,000ピクセル、3.4MB)
  • 極小サイズ(64 × 64ピクセル、アイコン大、2KB)

以上の点から、以下2点をクリアすればOKとなります。

画像サイズ:まとめ

  • 形:約3:2の横長画像
  • 容量:10MB以下なら、OK
  • 画像サイズ:64〜4,500ピクセルはOK(※検証結果より)

以上、画像サイズなどについての情報です。
参考にしてみてください。

送信可能な画像は?

ファイル形式:JPG、JPEG、PNG
ファイルサイズ:10MB以下
推奨比率:1.54:1

※上記を満たせば、作成時にトリミング可能

こんな用途に

  • 一度にまとまった何種類かのサービスを紹介したい
  • サービス紹介や自動応答での問い合わせ対応など

カードタイプメッセージの注意点

カードタイプメッセージは、
Web版管理画面のみで、作成可能
(作成後の使用、送信は、スマホアプリからも可能)

また、送ってしまってからは、編集不可です。
ご注意くださいね!

参考:LINE公式、こちらの記事もいかがですか?

LINE@よりも機能が充実している
LINE公式アカウント。

その多くの機能、
ぜひあなたのビジネスにも活用して、
売上アップにお役立てくださいね!

参考: LINE公式ページ情報

表現の幅が広がる!「カードタイプメッセージ」の活用例

新メッセージフォーマット「カードタイプメッセージ」の活用で、より多くの情報訴求が可能に!

マニュアル:カードタイプメッセージを作成する